日本で口座開設できるオフショア銀行・現地に手続きしに行かなくてもいい海外銀行


Contact
不安やわからないことを時間を重ねて丁寧に解消します。お気軽にご連絡ください。

▼LINEから

▼スマホから

オフショア銀行の口座開設を予定する人のオンラインお金の勉強会兼お茶会

ここでは以下の「オフショア銀行(年利5~8%)の口座開設を検討する人に向けてお金の勉強会兼お茶会の開催」をご案内しています。 参加を希望される方はこのままご覧ください。   当日は海外経験豊 ...

続きを見る

オフショア銀行で資産運用や資産防衛しておきたい人が増えている理由

オフショアとは「沖」という意味があり、特に金融業界では海外の銀行口座を意味して使われます。

資産運用方法として古くから使われてきましたが、最近日本では以下の理由で敢えてオフショア銀行を選びたいと思う人が増えています

現在オフショア銀行の口座が開設される最も多い理由は、日本以外の安全な国に資産を置いておきたいといった点が挙げられます。

日本政府の債務残高はかねてから異常だと指摘され、国の借金はいずれ以下のような形で国民が負担させられるのではないかといった懸念があるからです。

財産税という形で財産が没収され、国の借金の肩代わりをさせられる

ここでは戦後日本の預金封鎖や財産税がいかにして現実になったかをお伝えしています。 お詳しい方ならばすでにお分かりだと思うのですが、その戦後の日本と2024年の現状が瓜二つだと指摘されてのも多々あります ...

続きを見る

また、2023年から円安が極端に進行した中で、円通貨をドルに換える人が増えました。

これは金利が高い国の通貨を持っていた方が有利で、日本円よりも優位性を実感したゆえの動きです。

資産防衛の目的・より高い金利の通貨を求めるといった点からオフショア銀行のニーズが高まっています。

「日本で」口座開設できるオフショア銀行に注目が集まっている理由

オフショア銀行のニーズが高まっている中で、やはり日本人には「日本国内で口座開設できる銀行」が注目されています。

WEB手続きで済む・現地に行かなくていい

「日本国内で口座開設できる」とは、WEB手続きで済み、現地に手続きしに行く必要がない銀行です

もっと詳しく

具体的にはパスポートをスマホで写真撮影して写真をアップロードして本人確認をします。届け出る住所は日本の居住地で何ら問題ございません。

現地の住所や滞在VISAを用意しなくてもいい

ココがポイント

日本で口座開設できるオフショア銀行は、現地の住所や滞在ビザが不要だといった点を前提としています。

それ以外の海外銀行の口座開設では、2~3年超の期間ワーキングホリデーや留学によるビザなどを必須とする場合が、「ほとんど」です。

つまり一般的には現地での住所を持っていることが前提として日本人にも口座開設を許すのです。

一昔前は海外旅行程度の短い期間の滞在のついでに銀行の口座開設をすることはできていたのですが、テロやマネーロンダリング防止の観点から現在はできなくなりました。

ココに注意

こうした世界的な金融機関の兆候や動きから、「海外銀行の口座開設がWEB上でできる」とはかなり異例であり特別に許された手続きであるということがわかります

また、海外銀行口座開設のエージェントが代理で行ってくれるパターンもあります。多くのエージェントは現地の言葉の通訳や手続きの代行サービスを行います。

日本で口座開設できるオフショア銀行の選び方

「WEB手続き可(ビザや現地住所が不要)」といったポイントのほかは以下の2点をポイントにしてオフショア銀行を選ぶとよいでしょう。

  • CRS非加盟国であり、今後も加盟しない国の海外銀行
  • 日本語のサポートが受けられる
オフショア銀行の選び方:高金利・WEB手続きで完了・CRS非加盟国・日本語サポートあり

ここでは、オフショア銀行の選び方のポイントをお伝えしています。 先を見据えた知識やテクニックが必要ですのでご参考ください。 Contact 不安やわからないことを時間を重ねて丁寧に解消します。お ...

続きを見る

IVA:アジアンバンクキャピタルトラストの言語対応と口座開設サポートを提供

Contact 不安やわからないことを時間を重ねて丁寧に解消します。お気軽にご連絡ください。 ▼LINEから ▼スマホから 将来的に「海外永住権やコンドミニアム取得サービス」も間近に予定さ ...

続きを見る

他に挙げたら多くのポイントがありますが、私は当面米ドル預金ができるオフショア銀行が有利だと考えています。アメリカに移住するしないは別の話として、です。

※もちろん、「将来的にアメリカ以外の国に永住したい」といった希望があればその国の銀行を前倒しして持っておくという考えもよいでしょう。

米ドルを選ぶとメリットが大きいのは以下のような「米ドルゆえの特異性」と言えます。

  1. 世界の基軸通貨であり、今後も世界中で使われる通貨だから(一番人気が高い通貨を保有)
  2. ほかの国の通貨と比較して交換手数料が抜群に安い(流通量が少ない通貨は交換手数料が高い)

ココがポイント

CRS非加盟国の海外銀行であることが重要になってくる理由は、日本政府から資産を防衛するためです。

最近の裏金問題などからして好き勝手に税金が使われており、言い方を変えれば「日本国民の敵は日本政府」といった前提で資産を防衛していく時代になりました。

そうでもしなければどんどん自分で稼いだお金を税金という形で吸い取られているだけになっているからです。

以下でその概要を詳しくお伝えしていますので参考にされてみてください。

確かに2024年現在債務残高によりアメリカドルに不安を持つ人はいるかもしれません。しかしながらアメリカの債務残高は30兆ドルで債務残高比率対GDP比100%、方や日本の債務残高は1200兆円で債務残高比率対GDP250%超ですから、明らかに後者のリスクを前提にして資産防衛のアクションを起こすべき。

以下の記事にあるとおり、”次の世界経済の覇権国候補とされる中国”が今すぐ世界の基軸通貨になるというわけでもありません。

「今すぐ中国がアメリカの覇権と交代できるわけではない理由」

お金のご相談を承っていると米ドルを保有していて大丈夫なのか不安に思う人が増えました。 世界の基軸通貨として米ドルの価値が下がっていることを懸念し、ドルを売った方がいいのか具体的に動く前に判断材料が欲し ...

続きを見る

そして中国人民元はいまだクローズドな通貨にすぎないので、アメリカドルが当面世界の基軸通貨としての地位を保持し続けると考えられるわけです。

日本にいながら口座開設できるオフショア銀行

それでは日本にいながら口座開設できるオフショア銀行をご紹介します。

以下は、長い間の準備期間を経て好条件を揃えた米ドルによるオフショア銀行です。

アジアンバンクキャピタルトラストの概要・Asian Bank capital trustの概要

こちらではWEBで口座開設できる海外銀行として知られるアジアンバンクキャピタルトラストの概要についてお伝えしています。 オフショア・海外銀行の口座開設先をお探しの方はご参考ください。 Contact ...

続きを見る

日本にいながら口座開設できるオフショア銀行

  • WEB手続きで完了
  • 日本語サポートあり
  • 定期預金金利:5‐8%
  • 世界の基軸通貨米ドルによる預金
オフショア銀行の口座開設を予定する人のオンラインお金の勉強会兼お茶会

ここでは以下の「オフショア銀行(年利5~8%)の口座開設を検討する人に向けてお金の勉強会兼お茶会の開催」をご案内しています。 参加を希望される方はこのままご覧ください。   当日は海外経験豊 ...

続きを見る

 


Contact
不安やわからないことを時間を重ねて丁寧に解消します。お気軽にご連絡ください。

▼LINEから

▼スマホから

いくら金利がいいと言われても、世界で最も安いと言われるメキシコペソやロシアルーブルやモンゴルトゥグルグを積極的に買えるでしょうか?

大切な資産を預けるときに、最も信頼がおける国を選びたいと思うはずです。

アメリカは今後も依然として世界の覇権国と基軸通貨としての地位を維持し続ける国ですから、オフショア銀行を選ぶ先として最も有利なのではないでしょうか。

  • この記事を書いた人

LCFPO

公認会計士事務所での決算業務実務経験を経て、FPとして受けた相談件数は18000名以上。契約の継続率・販売力・商品の品質に関するインターナショナルクオリティアワードを受賞。ほか受賞歴や業界内の取材受注多。現職は資産形成・不動産投資案件やインフラ契約のご相談を承るオフィスの代表FP、事業家。くわしくは「about」よりどうぞ。